雨漏りの修理と火災保険について

一戸建て住宅を所有している人の8割は火災保険に加入しています。



一見、火災保険に加入するのが義務のように思われるかもしれませんが、そのようなことはなく任意加入になっています。



それにもかかわらず8割も加入しているということは、不動産会社が見積もりの中に火災保険を入れているからかもしれません。



つまり、不動産会社も火災保険会社の営業マンと契約をしていますので、自動的に火災保険に入るような仕組みになっているのです。

ただそうでなくても、かなり高い確率で火災保険に入っているでしょう。

それだけ火災保険の役割は大きく、実際に使わなかったとしても安心感をお金で買っているような感じです。


実はこの火災保険で、雨漏りの修理することができます。
火災保険は通常火災や落雷、風害、雹害によって住宅が壊れた場合に適用されます。普通に考えれば雨漏りの修理に火災保険が適用されるとは思えませんが、実は風害によって住宅が破損して雨漏りの修理をする場合には火災保険が適用される可能性があります。

ただし、物理的に火災保険を適用することは可能だったとしても、素人がそれを証明するのはなかなか難しいといえます。

そこで、火災保険に強いリフォーム会社や修理業者にお願いをした方がよいでしょう。火災保険を適用するためには、風害と雨漏りの修理の関係性、つまり因果関係をしっかりと突き止めなければなりませんが、これはある程度知識がないとできるものではありません。
そこで専門の業者に任せましょう。