屋根の天窓は雨漏りが発生し易いか

category01

屋根の天窓は雨漏りが発生し易いでしょうか。


住宅を建築するときに、できるだけ室内に光を利用として天窓を設置する家が多くなってきています。


天窓があることで、室内が明るくなり過ごしやすくなるのです。

部屋の中が明るくなればカビ臭さはなくなりますし、家族も明るくなります。



家族が明るくなるというのは冗談のようで本当の話しです。
実際に、明るいところで育った子供たちは明るい性格になるといわれています。
それ以外でも、天窓は、窓を開くことによって通気性が良くなります。通常窓の操作は電動で行うようにしています。



その分お金はかかりますが、得られる効果のほうが高くなります。

この天窓の欠点は、屋根から雨漏りが発生することです。
厳密に言えば、屋根から雨漏りが発生しやすくなるだけです。
なぜ雨漏りが発生しやすくなるかといえば、天窓の周りにコーキングがされているからです。
コーキングがされているということは、コーキングの劣化によって、ひび割れが生じ、そこから水が入り込み雨漏りの原因となるのです。

このように、天窓には雨もりが発生するというリスクがあります。


これを防ぐためには定期的に点検をするしかありません。

一度雨もりが発生してしまうと、住宅が劣化してしまいます。ただし天窓のコーキングが原因の場合はそれほど劣化速度が速くないのでそれほど心配する必要はないと言えます。

修理をする場合は、専門の業者にお願いをした方がよいでしょう。



1から学ぶ生活

category02

マイホームを快適な場所にするための最初の一歩は、生活するのに支障をきたすような不具合箇所をなくすことです。住宅のトラブルの中でも深刻なものに、雨漏りの被害があります。...

subpage

関連情報

category02

マイホームとして一戸建て住宅を所有している人にとって、住宅を住みやすい状態のまま、できるだけ長く維持することは最大の関心事と言えます。ですが築後10年ぐらいを境に、いろいろな不具合が生じてくるのも事実です。...

subpage

生活の特徴紹介

category03

雨漏りの修理は、信頼性の高い業者に任せましょう。業者を信頼性で選ばなければいけないのは、悪質な業者が多いからです。...

subpage

学ぼう生活の事

category04

一戸建て住宅を所有している人の8割は火災保険に加入しています。一見、火災保険に加入するのが義務のように思われるかもしれませんが、そのようなことはなく任意加入になっています。...

subpage